昔の香椎


JR香椎駅商店街のPR館で昔の香椎の写真や古地図の展示会があった。
昔といっても戦前であれば、ある程度知っているつもりだったが、さらに大昔(200年前)
の風景画などがならんでいた。


b0017474_16345461.jpg


上の写真は香椎宮周辺の俯瞰図で江戸時代のスケッチ図を復元したものです。
日本書記(巻八)によると、九年の春二月に52歳の仲哀天皇が橿日宮(香椎宮)で
崩御された。これは三韓を征伐せよという神の教えに従わずにいたためと思われた
神功皇后は、小山田邑に斎宮を造り、出兵を決心されたという。わが古賀市の
小山田斎宮はこの時建立されたものらしい。郷土史にはあまりくわしく記載されて
いない新発見である。また皇石神社にも神功皇后ゆかりの大石がある。
この年には天皇を葬りまつることを得ずとあり、香椎廟ができたのは少しあとになる。


b0017474_1644389.jpg


この写真は戦国時代の立花城古図として有名で、周辺の里山や街道をしるした地図。
立花山は、仲哀天皇が三韓征伐の神の教えが下ったとき、「高き岳にのぼりて遥かに
海原を望むるに、ひろくして国も見えず」といわれた時の高き岳であった。二神山とも
いわれ、九州物部氏の信仰した山でもある。三韓とは馬韓、弁韓、辰韓で朝鮮半島の
南部である。百済、新羅、高句麗と間違えている本が結構ある。
戦国時代には、大友氏と大内氏が制覇をあらそった山城で有名だ。


b0017474_11343711.jpg


この写真は香椎潟(香椎~名島間)の明治時代の図で鉄道は海の中の鉄橋を走っている。
戦後の発展で失われた自然の風景をいろいろ思いだして懐かしい記憶が甦えった。
中学時代に箱崎から西戸崎までの往復10里行軍で歩いた唐津街道、香椎潟で
葦の葉を切り出した夏の作業、戦後出来た米軍キャンプでのアルバイト作業などなど。
松本清張の点と線で舞台となった御島岬もいまは陸地のなかになっている。
日本書記に出てくる香椎潟は、神功皇后が橿日浦(香椎浦)で「髪を海に入れて洗うとき、
髪が流れで二つにわかれたら三韓を征伐しよう」といわれ、占いの通りになったので出兵さ
れたという伝説の場所でもある。


[PR]
by gfujino1 | 2005-02-28 16:37 | 郷土史
<< 朝鮮通信使の交渉に活躍した景轍... 軍艦「出雲」 >>