香椎の兜塚

JR香椎駅の北側800mの場所に、神功皇后の兜塚がある。
今日はじめて現地にいってみた。
香椎宮の飛び地になっていて、300坪位の小さな公園のなかに、大きな石がある。三韓征伐の頃の神功皇后伝説の一つで、この地に兜を埋められたものが、石になったという。旧唐津街道沿いにあり、他に猿田彦や三穀物などの石碑もある。
ただ後日談があり、江戸時代にこの兜形の石を庭石にした玄庵とかいう医師が、その後家族に不幸が続き、子供の玄伯が、あわててもとの場所にもどしたとか。
周辺はもうマンションが建ち並び、アンバランスな存在になっていた。
行楽日和で、唐津街道には立花山登山のリュック姿が沢山みられた。
b0017474_21265149.jpg

b0017474_21281558.jpg

b0017474_21284169.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2007-01-15 21:28 | 郷土史
<< 久山町の古墳調査 岡垣町の古墳 >>