「ほっ」と。キャンペーン

平野神社と鳥飼神社(平野国臣と中野正剛)

今川には、平野神社と鳥飼神社がある。小学生時代はときどき遊びにでかけた所である。
平野国臣の生誕地が今川で、いまの平野神社になっている。
久しぶりに出かけてみたが、平日で人影はなかった。
有名な桜島山の歌碑があるが、いま桜島も噴煙が濃くなっているらしい。
b0017474_1217898.jpg

b0017474_1262244.jpg

道路に近い場所に、遺愛の松があるが、まだ若い松である。
かっては平野邸に大きな松があり、ここが福博電車路にかかったとき、この松だでは国臣の魂が宿る木だから切るべからずということになり、複線の中間に残されていた。
しかし後に鳥飼神社に移されたときいている。
電車もなくなり、道路も拡張されて風景はすっかり変わってしまった。
そんなエピソードを伝えるために、新たな遺愛の松が植えられたのであろう。
b0017474_1271544.jpg

今川で生まれた平野国臣の銅像は西公園にあり、すぐ横の鳥飼神社には荒戸で生まれた中野正剛の銅像がある。
b0017474_11493843.jpg

二人はともに国家のために非業の死をとげた志士である。
以前から銅像の場所が入れ替わっているような気がしていたので、調べてみた。
国臣の銅像は地元の有志により、1915年(大正4年)に西公園に建てられ、大戦末期には資源不足で廃されたあと、
1965年に再建されている。銅像の清作者は地元彫刻家安永良徳で、安川・松本一族の親類であり、修猷館に在学していた。
中野正剛の壮絶な切腹死は大戦末期で、国臣の銅像が廃された頃である。その頃は中野の居は鳥飼神社の横に移していた。
その居住地あとに、正剛会有志により銅像が建てられたのは、国臣像の再建と相前後してである。
b0017474_1293072.jpg

中野正剛先生碑と中野正剛先生像と二つあり、その文字は緒方竹虎の書である。この二人は親交があったのは有名である。二人は中学(修猷館),早稲田、朝日新聞社と行動をともにした。私が付属小学校6年で座った机の上板には、初代に緒方竹虎の名前が墨でかれていた。20代くらいまで名前があったが、私の書くスペースはもう無かった。
またこの頃中野正剛が小学校にきて講演をしたことを覚えている。

(追記)鳥飼神社と九州電力
鳥飼神社の境内に、九州電力の前身の九州電灯鉄道株式会社が寄贈した石碑があります。
石碑には大正2年12月(1913.12、松永翁38歳の時)建立とありますが、 九州電灯鉄道株式会社は松永翁が35歳(1910)の時に設立したようです。
福博電気軌道会社と九州各地のガス会社とが合併して九州電灯鉄道株式会社となりますが、その寄贈理由は九州電力のかたもよくわからないということでした。
鳥飼神社との関係は、柳猛直さんの本によると、次のようなことが書いてあります。
東西線が今川橋までのびたとき、地行の鳥飼神社の前の、道のまん中にあった松の木が邪魔なので切り倒すことになりました。
しかし実はこの松は勤王の志士平野国民の屋敷内にあった松だということで、「勤王の志士の遺愛の松を切り倒してすむと思うか!」という反対の声が高くなったので、とうとう松はそのまま残されて、複線のまん中にしばらくたっていたそうです。
この後、鳥飼神社の敷地も線路にかかったか、または平野国臣の碩碑を鳥飼神社に造ったときかに、九州電灯の石碑も献上されたのだろうと推察されす。
松永翁は九州の電力の鬼といわれた実力者で、戦後の電力業界の再編成の時にも、大きな貢献をされました。
九電OBの古賀さんによると、虹の松原の別荘は今もあり、庭に石碑があり東邦電力寄贈と刻んてあります。
恐らく松永翁の寄贈でしょう。又別荘には翁の『一州』、『耳庵』の揮毫の掛け軸もあるそうです。 この別荘はいま建て替えられて九電の宿泊施設として利用されています。
 
[PR]
# by gfujino1 | 2015-07-29 11:55 | 郷土史

大久保利通と東郷平八郎の戦略

西郷の征韓論を封じるのに、大久保は3段階の戦略をもちいた。
公家の同意をえたが、寝返りにあい、太政大臣、右大臣をだきこんだが、曖昧な態度をされ、最後は
明治天皇の側近を通じて、決断をえた。
バルチック艦隊の進路が不明のため、対馬海峡で待機するか、津軽海峡に移動するか、中間の能登半島で待ち受けるか、参謀たちの意見がわかれた。東郷は1日決断を延期して、翌日早朝津島海峡に向かっているとの情報をえた。
これらの経緯は、歴史の記録の正史にはかかれて居ない。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-07-26 16:58

今週のテーマ

ワグナーとロダンをとりまく女性たち。
松代城下に今も住む武田家武将の子孫たち。
春日局の権力は、家光を育てたことと、藩主の嫁を世話したこと。
明智光秀の謀反に、足利将軍が関っていた文書がみつかったこと。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-07-18 15:29

インターネットの歴史3

歴史の事実を検索するには、インターネットが最高だ。
テレビ番組でわからないことがあれば、すぐネットで探したいが、今は小竹と千早で不便だ。
検索項目をメモする習慣をつけよう。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-07-05 15:08

インターネットの歴史2

昨日東サロンでインターネットの歴史の話をした。
反応はあったが、熱狂的とまではいかなかった。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-07-03 17:47

インターネットの歴史

まだLANの延長に過ぎなかったころから、かかわってきた。
その歴史を少しまためてみよう。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-07-02 10:17

予約

今朝は病院の予約を忘れていて、大分おくれて駆け込んだ。
11時でも受付ができて、あまり待たずによかった。
今後はこれでいこう。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-07-01 17:50

動画

今回の講習会では、静止画をつないでスライドショウを行うソフトであった。
(ビデオの編集までは出来ない)
ただし静止画にアニメーションをつけたり、文字に効果をつけたりできる。
ワードというソフト名は遭わなくなっている。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-29 16:54

サイレント映画

昔は当たり前だったサイレント映画。
今日はチャップリンのKIDをみた。
最近のひちは珍しがっていた。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-28 17:29

箱崎八幡宮

青陵会で箱崎八幡宮の田村宮司が話をするようだ。
歴史館のことなど、質問してみよう。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-26 16:25

歴史館

小学生のころ、箱崎八幡宮の参道沿いに歴史館があった。
元寇の時の神風で元の舟が沈没したことは有名だ。
前を通ると、入り口から大きな船と大きな海の波が動いているのがみえた。
内部にはいったような気もするが、詳細な記憶はない。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-25 16:40

東洋陶器美術館

溝口君の東洋陶器美術館は、30歳くらいから毎月1個くらい収集してきたものという。
評価の絶対的なものはなく、10人中何人が評価するかにより決まるそうだ。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-23 16:23

東洋陶器美術館

溝口君の東洋陶器美術館は、30歳くらいから毎月1個くらい収集してきたものという。
評価の絶対的なものはなく、10人中何人が評価するかにより決まるそうだ。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-23 16:22

出雲の足立美術館

出雲の足立美術館には博之とでかけた。
家内は以前にツアーで立ち寄っていた。
個人の収集品で、しかも広大な庭園つきの美術館を残せた足立さんとは、偉大な人物だ。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-21 17:12

アムステルダム美術館

68年の欧州視察ででかけた。
入城してすぐ、有名な消防士の集団を描いた大作があった。
残念ながらゴッホの美術館では行かなかった。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-20 12:05

シカゴ美術館

丁度シカゴのお祭りの日に遭遇した。
大通りに面した場所に美術館があり、1時間くらい見学した。あまり有名ではない美術館で、近代絵画の作品が多かった。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-17 15:55

美術館2

マドリイドのプラド美術間には家内と出かけた。午後半日の自由行動の時間だった。
あやしげな男にいたずらされたのは残念だった。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-15 16:47

美術館1

パリーのルーブル美術館は2回でかけた。1回目は一人で、2回目は家内をつれて。
2回目にカメラや土産を置き忘れる失敗をした。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-13 15:09

マレイ島

西インド洋にマレイ島がある。ギリシャ旅行のとき中継地として降りたとき初めて知った。リゾート地で、結構にぎわっていた。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-11 14:34

ハワイ諸島

はじめて行ったのは1968年。ホノルルに1泊してロスに飛んだ。当時はジェット機がなく、直行便がなかった。2回目は家内のフラダンスの会に同行した。3回目は3島めぐり。4回目はまたフラダンスの会に動向。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-10 15:25

グアム島

九産大の旅行で2泊3日の旅であった。太平洋戦争の激戦地だが、戦後は観光地となった。
青木先生とゴルフをした。先生はもう無くなって10年近くなる。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-08 16:46

壱岐島

壱岐島にも学生とのゼミ旅行でいった。フェリーでわたり、島を一周したのでかなり詳しく見て廻った。猿岩や砲台跡などが記憶に残っている。徳成君の奥さんが壱岐出身という奇縁も加わった。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-06 15:41

種子島

学生をつれての種子島旅行。宇宙基地の見学など順調に終わったあと、台風の襲来に見舞われて、2日間も閉じ込められた。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-05 09:17

比恵川

石堂川が比恵川に変わっているいる。しかし石堂川ができる以前から比恵川はあり、那珂川に流れこんでいた。博多駅付近を流れていたので、いまでも洪水になりやすい。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-04 18:12

遠賀川

福岡と黒崎を往復するたびに渡る大河である。一度だけ大雨でJRがストップし、職場に泊り込んだことがある。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-03 17:08

黒門川

正式の名前は知らないが大濠公園と博多湾をつなぐ川である。
小学校のころこの川沿いの道をよく通った。
友達が自転車ごと落ち込んだことがある。鰻をとる風景をみたこともある。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-02 12:36

多々良川

一番縁の深い川だ。小学校の遠足ではじめて渡った川。中学では父の手伝いで川口に海苔とりにきた場所。高校ではヨット部のの艇庫で鍛えられたたり遊んだりした。大学では発電所の実習で何回もながめた川。安武君の父が台風で遭難死したなどなど。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-06-01 20:47

石堂川

いまは比恵川とよばれている。もとは中州のほうに流れていたものを、人工的な川をつくって直線したものだ。川口では海苔の養殖も行われていた。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-05-31 09:59

因幡町

因幡町や因幡うどんの名前はなつかしい。
衣笠因幡が澄んでいた場所から因幡町となづけられた。
その中央部にできたうどん屋が因幡うどんであった。
いまの天神コアから、ビブレにぬけてジュンク堂にぬける道に階段がある。ここが西鉄商店街と因幡町商店街の協会であったそうだ。ビブレが因幡町あとということだ
衣笠因幡の子孫はプロレスラになっているそうだ。。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-05-29 18:55

志賀の島

地続きでいまや島ではないが、古代は島だったろう。
金印の発見で有名なところだが、最初に出かけたのは高校のころと思う。
その後志賀の島の小説で芥川賞をとった福高の後輩がいて、ますます有名となった。
[PR]
# by gfujino1 | 2013-05-25 16:47