「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

青柳川

台風22号、23号とたてつずけに大雨をもたらし、日本各地で大きな水害がおきています。
幸い北九州では水害までにはいたらずでしたが、青柳川の水量はかなり多くなっています。
いつもは気付かない小さなダムが、おとを立てていました。
このあたりの地名は橋本か松本らしい。すこし北にいくと馬渡橋があります。
b0017474_18525094.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2004-10-23 18:43 | 日常生活

古代船「海王」


古墳時代の埴輪をモデルに復元した古代船「海王」が志賀島の藤田造船所で建造され、
22日に進水式、23日に初漕ぎの行事が行われました。古代服をまとった水産大学校
の学生ら役20人が乗り込んで、やや風のつよい玄海灘を一回りして志賀島の港に
無事かえりました。
本確的な実験航海は、熊本の宇土産の馬門石を使った古墳用の石棺をつんで
継体天皇稜とされる高槻市の今城塚古墳まで、古代と同じ手法で運搬するそうで、
なかなかロマンのある実験航海になりそうです。

b0017474_173819100.jpg

b0017474_1740287.jpg


[PR]
by gfujino1 | 2004-10-23 17:37 | イベント

イヌダテ


小竹の「堂ノ浦」地区の新住宅地帯で、イヌダテの花が
咲いていました。赤のまんまとも呼ばれています。
すぐ上に堂ノ浦公園があります。お堂や三郎天神もあり
小竹の鎮守の森であったようです。
昔「千眼寺」という寺があったともいわれています。

b0017474_1233288.jpg


[PR]
by gfujino1 | 2004-10-14 12:32 | 日常生活

野菊


青柳街道から少し山手をとおる「小路」という地名の静かな
散歩道です。
青柳川の支流があり、いつも綺麗で豊かな水が流れています。
川沿いには黄色の野菊が咲誇っていて、江戸時代とあまり
変わらぬ風情を示しています。

b0017474_12205287.jpg


[PR]
by gfujino1 | 2004-10-14 12:20 | 日常生活

コスモス


秋を感じる代表的な花コスモスがあちこちに咲乱れています。
この辺は小竹の「縫ヶ浦」という地名地区です。
結構山裾なのですが浦という名前がついています。
浦は裏につうじるので、陸地でも小字に多くつかわれています。
古賀市では語尾の文字が浦のところが20、裏のところが9あります。

b0017474_1156623.jpg


[PR]
by gfujino1 | 2004-10-14 11:53

白鷺


暑い夏が終わったあとは一気に秋の気配が広がっています。
稲刈りが終わった田圃には白鷺の姿がみえ、毎朝の散歩の
楽しみが増えました。
小竹のこの辺の小字は六反田という地名で、近くには犬馬場と
いう地名もあります。犬を乗馬で追いかけて射る訓練場だった
そうで、立花城下の土地ならではの地名です。
青柳氏の管理であったようで、青柳氏は鏑流馬の名手だった
そうです。犬の他に鳥類も射ていたかも知れません。

b0017474_1125499.jpg

b0017474_1203838.jpg


[PR]
by gfujino1 | 2004-10-14 11:25

吉行和子の一人芝居『世紀末の伯爵夫人』


新宮町の『そぴあ新宮』で、一人芝居なるものをはじめてみました。
吉行和子は吉行淳之介の妹で、最近話題になっている近代映画「折り梅」
で田中絹代賞を受けた女優さんですね。
旧姓青山光子は、在日中のオーストリア・ハンガリー代理公使ハインリッヒ・
クーデンホーフと運命的出合いをします。このとき19歳、これから運命が
急変し、困難を乗り越えて結婚し伯爵夫人となり、オーストリアで7人の
子供をそだてながら、夫の急死や第一次大戦などのなで、波瀾にとんだ生涯
をおくります。
回想や会話をおりまぜながら、90分の中でこの一生を演じたのは、見事な
演技でした。その次男がヨーロッパ共同体の提唱者で、この思想が現在の
ユーローを生み出したのが、我々に親近感を覚えます。
写真はチラシデザインに応募したときにもらったものです。本人とは終演後
出口であい撮影しましたが、すごい手ぶれでした。

b0017474_1449291.jpg
b0017474_14533474.jpg

b0017474_11415881.jpg


[PR]
by gfujino1 | 2004-10-11 14:32

    青柳氏と飯盛神社


古賀市には唐津街道の青柳宿跡があります。
近くの青柳地区の石互には今も青柳姓の古い農家が数軒おられます。
青柳の地名のルーツをたどると、中世には青柳氏が領有者であったとされ、
そのご子孫は神官となられ、早良区の飯盛神社にもおられるようです。
毎年恒例の鏑流馬の名手にも青柳氏があられます。
写真はSNFの古藤さん撮影のショットです。

b0017474_1123611.jpg
b0017474_11241036.jpg


[PR]
by gfujino1 | 2004-10-11 11:18

  稲刈り


実りの秋で、あちこち稲かりと脱穀がはじまっています。
このあたりの田圃は、旧唐津街道、青柳の五所八幡宮の近くで、
小字が神田、迎田、藤津田など古い地名がついています。
古賀市には、小字名が584ありますが、その語尾に「田」がつく名が
80もあり、田園地帯であることを立証しています。
今年も豊作のようで、有難いですね。


b0017474_18233027.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2004-10-09 18:23