「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

古賀市の散歩道「あるいてん道」

古賀市では数年前から市内に散歩道を整備している。
今年は5番めのあるいてん道が、市の西北の薦野にできた。
天降神社を起点にして、川沿いの道を清龍寺までのぼり、そこでUターンして
もどるコースです。
b0017474_10372247.jpg
b0017474_10374151.jpg

今までのコースは、つぎの4コースでした。
1)市役所を起点にして、青柳川沿いにのぼるコース。
2)花鶴公園を起点にして、海岸をあるくコース。
3)薬王寺公園の池一周コース。
4)花鶴ヶ丘周辺のコース。
この天降神社の境内には写真のように、大きな楠木がある。
市内の巨木の一つに指定されている。
市の職員さんで郷土史にくわしい人によると、立花城主がかくした埋蔵金が、古賀周辺の
「一日中陽のあたる楠木の下にある」という言い伝えがあるらしい。
この楠木はたしかに一日中よく陽があたる場所である。
埋蔵金の候補地の一つであるが、その境内ではゲートボールが熱心に行われていた。
[PR]
by gfujino1 | 2006-04-25 10:37 | 郷土史