花鶴浦の移譲

古賀の花鶴川河口には、昔は入り江があり、漁港として栄えていました。
近くの永浦遺跡からは多くの漁具が発掘されています。
しかし海流の影響で次第に港が浅くなり、漁民の数が減った江戸時代に
浦としての漁業権を福間と新宮湊に分割移譲しました。
そのときの文書が福間公民館の資料室に展示されています。

b0017474_1314466.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2004-08-28 13:12 | 郷土史
<< 新しい古賀神社 千年家のかまど >>