清瀧寺周辺と米多比・薦野氏

古賀市の北東部の山麓に清瀧寺という古刹がある。
その薬師堂に登る石段の前に梵字をかかげた石の鳥居がある。
神佛習合のしるしで、薬師如来の種子をしめす文字という。

b0017474_14584217.jpg

b0017474_15325182.jpg


この清瀧寺付近は、立花道雪の時代に、米多比氏や薦野氏が、道雪の家臣として肩を並べて住んでいました。
道雪は両者との協力関係を強固にするために、血縁関係を結ぼうとしましたが、道雪の身内との年齢差などから、米多比鎮久(シゲヒサ)だけが道雪の義理の娘を嫁に迎えます。
そのあと、道雪の実の娘(誾千代)には岩屋城から立花宗茂を養子に迎えましたから、二人は義兄弟となります。
米多比も立花姓をもらい、秀吉の時代に立花宗茂が柳川に移るとき、鎮久は黒木町の 鷹尾城主(3500石)となります。
しかし関が原の戦のあとは宗茂の失脚のため、加藤清正の家臣となり、3000石の所領を与えられます。
この時、宗茂と不仲になっていた宗茂の正妻(誾千代)とその母(道雪の未亡人)を引き取り、保護します。ともに自分の妻の身内だったからです。
b0017474_1550437.jpg

b0017474_15183265.jpg

時がうつり、宗茂が柳川藩主として帰り咲いたとき、柳川に帰参するように誘いがあ りますが、鎮久はしばらくは辞退します。しかし再三の誘いにより、柳川に帰参した鎮久は、姓を立花から米多比にもどし、2000石の家老として宗茂に仕えました。
米多比家の子孫が保管されていた多くの古文書は、最近県立柳川文書館に委託され、保管されているそうです。 また子孫の本家は柳川市に、分家は福岡市東区に住まわれているそうです。
米多比城あとの岡に米多比家の石碑は、ひっそりと建っています。

薦野氏のほうは、薦野増時が道雪が迎えた養子の宗茂の妹を嫁にもらい、立花姓を名乗ったりします。幾多の戦乱で功績をあげ、関ヶ原の戦では東軍につくようよう進言したといわれます。
宗茂が西軍についたため、大阪城の人質救助や柳川城の開放などを手ぎわよくこなし、一旦熊本の加藤に身をよせるが、黒田長政にみとめられて福岡にかえります。
死後は立花城の山麓の梅岳寺の道雪の墓の隣に分骨埋葬されています。
その子孫は黒田藩の要職をつとめ、清瀧寺付近を領有していたので、今でも付近に屋敷あとなどの遺跡が多く残っています。
[PR]
by gfujino1 | 2004-08-28 14:57 | 郷土史
<< 弥生時代の箱崎 新しい古賀神社 >>