筑紫の大地震

b0017474_1837946.jpg


歴史的には地震の空白地帯と思われていた福岡地方で、三月二十日に大地震がおきた。 
 「日本書紀」に記された「筑紫大地震(六七九年)」は、警固断層による地震で、今の福岡・筑後地方で家屋の倒壊が相次ぎ、幅約六キロ、長さ約十キロの地割れができたことが記録されており、これらが過去最大の地震である。
上の地図の(1)地点の上岩田遺跡の考古学的な遺跡調査でも、この地方で多く地層のずれが発見されている。警固断層と呼ばれる線上に多くの遺跡が分布しているのは、その後地震がなかったからであろう。

その後九州は相次いで大地震の被害に見舞われているが、大半が南九州に集中。北部九州を震源とする大地震は歴史をひもといても数少ない。北部九州でマグニチュード(M)7クラスの地震が発生したのは一七〇〇年にあった壱岐・対馬の地震以来、約三百年ぶりだが福岡ではそれほどではなかった。これ以降も家屋が多数倒壊し「島原大変肥後迷惑」と呼ばれた一七九二年の島原半島の地震があるが、北部九州を震源とする大地震はあまりない。

 各地の気象台が観測を始めた一八九〇年以降、九州地域を震源とし大きな被害を出したM6超の地震は十五件ほど。九州地域最大のM8を観測し、多数の死者が出た一九一一年の喜界島近海地震や、三一年から頻発し、多数の死者を出した日向灘地震など、その大半が南九州で発生している。

 福岡県では一八九八年、福岡市や糸島を襲った地震(M6)で家屋が損壊したが、以後、大きな被害を受けた地震は観測されていない。しだがって今回の福岡の大地震(M7)は、いろんな情報が流されたが、千三百年ぶりの被害といえる。


b0017474_11345696.jpg


朝日新聞によると、この図はその後の余震の震源分布から推定された今回の断層の
図だそうだ。この延長線上に私の生まれた場所がある。建物の被害は僅少ですんだが、
墓碑が倒れた。菩提寺の本堂の瓦も一部ずり落ちた。余震は1週間後もまだ少し続いて
いる。いずれ治まると思うが、次の大地震は、わたしの死後にお願いしたいものである。


[PR]
by gfujino1 | 2005-03-21 19:19 | 郷土史
<< 二神神社跡の大槙 箱崎八幡宮 >>