多々良川河口の風景

b0017474_2232461.jpg


多々良川河口の風景は福岡でも風光明媚で有名であった。
大正時代にはフォード自動車の宣伝広告写真の背景に
えらばれている。
背景の名島大橋はまだ木造である。

名島の弁財天には近郊から多く人がお参りにきていた。博多湾内にはそのため特別の航路ができ、地元には専用の旅館もあった。いまはマンションになっている。
b0017474_1029132.jpg

b0017474_10331019.jpg

名島発電所の奥には、水上飛行場があり、国内唯一の国際飛行場であった。
b0017474_13592558.jpg

河口にはヨットが沢山帆走している。九大のヨット艇庫があったからである。
b0017474_2210389.jpg

ヨット部の学生は女性の人気がたかかった。ただしこれは終戦後の写真で、フラウもこのなかの一人であった。
b0017474_2334757.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2005-09-05 22:03 | 郷土史
<< 宗像三社と神湊 名島城と妙見島 >>