JR九州の歴史

鉄道ファンのかたならご承知の話。
博多駅のコンソース、中央改札口付近の一本の柱に、写真のような外国人の像がはめ込まれている。 大勢の人の流れがこの前を過ぎていくが気づく人は殆どいない。
福岡県下の鉄道は1889年に、民間の九州鉄道会社によってつくられた。
1872年に開業した新橋-横浜間はイギリス方式、1880年に開業した北海道はアメリカ方式であったが、九州鉄道はドイツ方式を採用。
ドイツ国鉄の機械監督ヘルマン・ルムシュッテルを招聘し、ドイツ製の機関車やレールを博多港から陸揚げして、博多-久留米間が完成した。
1889年12月11日一番列車が、博多-久留米間を走った。
この貢献者ヘルマン・ルムシュッテルの像だが、あまり目だたないのが残念だ。
いまの博多駅舎は、旧駅舎から600m南東の今の場所に移転し、また新規に建て替えられる予定であるが、この貢献者ルムシュッテルの像は残してもらいたいものである。
b0017474_11572410.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2006-06-23 11:58 | 郷土史
<< 青柳宿の灯篭復元 福岡と唐津(奴国と未盧国) >>