青柳宿の灯篭復元

唐津街道の青柳宿は、江戸時代の最盛期には100軒を超える宿屋があったという。
今はさびれて、昔の面影はない通りであるが、西の構え口の石積みが残っている。

最近市の町おこし運動で、青柳四つ角に、青柳宿の詳細な掲示板と灯篭が復元された。

古賀郷土研究会でも、ガイドマップを制作して、PRに力を入れることにしている。

b0017474_1727367.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2006-09-06 17:27 | 郷土史
<< 宗像市の平等寺瀬戸古墳 JR九州の歴史 >>