宗像市の平等寺瀬戸古墳

宗像市のは多くの古墳があるが、発掘し調査されたあと、市の指定文化財として整備し保存と活用がされているものの一つに平等寺瀬戸古墳がある。
古墳時代の円墳で、直径は20m高さは5m規模ですが、太刀鞘金具、弓金具、馬鈴などの出土品が多数多数でている。
9月の郷土研究会で石室内部まで案内されて、その見事な保存状況に関心した。
b0017474_1855180.jpg

b0017474_10104757.jpg

b0017474_10482439.jpg

b0017474_10125189.jpg

[PR]
by gfujino1 | 2006-10-03 18:06 | 郷土史
<< 鐘崎の貝塚古墳 青柳宿の灯篭復元 >>