九大の山の家

大学2年の孫が真っ黒に日焼けして帰省した。軽井沢でテニス部の合宿があったという。
われわれの夏休みは戦後の混乱期のS22年。
それでも九重山の大学の山の家に、米をかついででかけた。汽車の切符を買うのに苦労したことや、車両が貨物用だったことを覚えている。
家内もS26年に、やはり米をかついでのぼったという。二人ともその後は立ち寄っていないし、二人の話が食い違うので、今回の滞在中に、息子の運転で長者原のホテルから筋湯方向に確認に出かけた。息子も25年ぶりという。
近道が6月の雨で通れないので少し時間がかかったが、奥まった場所にリフォームされた建物を確認した。手前に大きな研修センターが出来て、周辺の景色はすっかり変わっていた。しかし谷あいにある温泉の湯煙は昔のままだった。
b0017474_1244924.jpg
b0017474_12443232.jpg

近道が6月の雨で通れないので少し時間がかかったが、奥まった場所にリフォームされた建物を確認した。手前に大きな研修センターが出来て、周辺の景色はすっかり変わっていた。しかし谷あいにある温泉の湯煙は昔のままだった。
[PR]
by gfujino1 | 2007-09-17 12:44 | イベント
<< 中島宏の壷 奈多海岸のパラグライダー >>